伊勢・マスヤ「おにぎりせんべい」にマツタケ風味とカボチャクリームスープ味

伊勢・マスヤ「おにぎりせんべい」にマツタケ風味とカボチャクリームスープ味

 ソフト煎餅「おにぎりせんべい」などを製造販売する菓子メーカーのマスヤ(伊勢市小俣町)が9月4日、期間限定でマツタケ風味とカボチャクリームスープ味の2種類の「おにぎりせんべい」の販売を始めた。(伊勢志摩経済新聞)

 1969(昭和44)年に発売した「おにぎりせんべい」は、角が丸い三角形でおにぎり形のしょうゆ味のソフト煎餅で同社の主力商品。同社は、「おにぎりせんべい」の派生商品(お好み焼きソース味、銀しゃり塩味など)のほか、「欧風せんべい ピケエイト」「クレヨンしんちゃん あられ」などを製造する。

 「まつたけ風味」はマツタケ香料とシイタケエキスを使用(限定24万袋)。「かぼちゃクリームスープ味」は北海道産のカボチャを使いクリームスープ味に仕上げた(限定10万4000袋)。内容量は共に52グラム。

 同社営業本部チームの担当者は「昨年6月に『コンソメ味』を出したが、それとは別に季節ごとに販売していこうと今年4月に販売を始めた。春に『わさび味』と夏に『すだち味』を販売した。特に『わさび味』が好評だった。冬限定の商品の販売も検討中」と話す。

 希望小売価格は140円。全国の小売店、ドラッグストアなどで扱う。

関連記事

おすすめ情報

みんなの経済新聞ネットワークの他の記事もみる

東海/北陸の主要なニュース

三重のニュースランキング

ランキングの続きを見る

地域の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域のニュースを見る

地域を選択してください

戻る都道府県を選択してください

記事検索