伊勢神宮に納める絹と麻を織る2つの神社 タントンタンと機織りの音響く

伊勢神宮に納める絹と麻を織る2つの神社 タントンタンと機織りの音響く

 天照大御神(あまてらすおおみかみ)の衣を織る作業が10月1日から13日まで、伊勢神宮内宮(ないくう)所管社の「神服織機殿神社(かんはとりはたどのじんじゃ)」(松阪市大垣内町)と「神麻続機殿神社(かんおみはたどのじんじゃ)」(同井口中町)で行われている。

 毎年5月(5月1日〜13日)と10月(10月1日〜13日)の春と秋に2回、神様の衣「神御衣(かんみそ)」を織る作業が行われる同神社。神服織機殿神社では「和妙(にぎたえ)」と呼ぶ「絹」を女性の織子(おりこ)4人が、神麻続機殿神社では「荒妙(あらたえ)」と呼ぶ「麻」を男性の織子4人が、それぞれ神御衣を織る作業所「八尋殿(やひろどの)」の中で白装束に身をまとい、昔ながらの手動の機織り機を使って、毎朝8時から夕方まで織っている。

 この期間、両神社境内一帯に「タントンタン、タントンタン」と機織りの音が鳥たちの鳴き声と共に響いている。

 出来上がった和妙と荒妙は内宮まで護送され、10月14日に内宮の正宮と荒祭宮で行われる「神御衣祭(かんみそさい)」に奉納される。(伊勢志摩経済新聞)

 【その他の画像】神麻続機殿神社での作業風景


関連記事

おすすめ情報

みんなの経済新聞ネットワークの他の記事もみる

東海/北陸の主要なニュース

三重 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域選択

記事検索