石垣空港で新食感スイーツ「シュワポップ」「シュワブルサンデー」

石垣空港で新食感スイーツ「シュワポップ」「シュワブルサンデー」

 南ぬ島石垣空港の搭乗待合室内にある「Coralway石垣空港店」が、新食感スイーツの炭酸氷「シュワポップ」(400円)とオリジナルスイーツ「シュワブルサンデー」(500円)を販売している。(石垣経済新聞)

 シュワブルサンデーハッシュタグキャンペーン

 シュワポップとは、水素水などの製造・販売を手掛ける「KIYORAきくち」(熊本市)が独自の製法で氷に炭酸を閉じ込めることに成功した「世界初」の「炭酸氷」に、さまざまなフレーバーを加えたスイーツ。カロリーはゼロ。日本百名水に選ばれた菊池水源系の天然水を使い、シュワシュワと炭酸が弾ける食感が特徴という。

 シュワブルサンデーは、Coralway石垣空港店が沖縄で人気の「ブルーシールアイスクリーム」とシュワポップをマッチングさせたオリジナルスイーツ。シュワポップソーダとブルーウェーブ(ブルーシール)を合わせたソーダ味と、シュワポップパインとパインソルベ(ブルーシール)を合わせたパイン味の2種類を用意する。

 7月10日〜8月31日の期間、「#シュワブルサンデー」と付けてSNSに投稿した画面を店舗スタッフに見せると、オリジナルステッカーまたはポストカードが進呈される「ハッシュタグキャンペーン」を実施する。

 営業時間は7時〜20時15分。


関連記事

おすすめ情報

みんなの経済新聞ネットワークの他の記事もみる

九州/沖縄の主要なニュース

沖縄 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域選択

記事検索