東急旧5000系「青ガエル」がスイーツに 自由が丘駅88周年でコラボ

東急旧5000系「青ガエル」がスイーツに 自由が丘駅88周年でコラボ

 自由が丘スイーツフォレスト(目黒区緑が丘2、TEL 03-5731-6600)が11月29日、東急東横線・大井町線自由が丘駅開業88周年を祝うコラボレーション限定スイーツ「クリスピーシュガーケーキ〜東急自由が丘88周年記念〜」の販売を始める。(自由が丘経済新聞)

 鑑賞用としても楽しめるよう透明のパッケージに入れて販売する

 自由が丘駅が今年開業88周年を迎え、人間でいえば「米寿」の祝いにあたることから、地元・自由が丘商店街では10月にタモリさんを迎えてセレモニーを開くなどさまざまな記念プログラムを展開している。今回のコラボ限定スイーツは、その一環で企画した。

 スイーツのモチーフに選んだのは、緑の塗装と丸みを帯びた外観で「青ガエル」の愛称で親しまれていた東急旧5000系電車。1954(昭和29)年から東横線で営業を開始し、1986(昭和61)年に引退した。

 同車両の色合いと丸いフォルムを再現した同スイーツ(高さ9センチ)は、ケーキデザイン&スイーツデコレーション「エコールシュクレ」のクリスピーシュガーケーキデコレーター・佐藤廣野さんが創作したもの。シュガークラフトの技術と経験をベースに立体感を表現している。

 同館プロデューサーの齋藤未来さんは「青ガエルの特徴でもある正面2枚窓やパンタグラフ、ベンチレーターなど昔の写真を参考にデフォルメした。レンガ部分は、石畳の多い自由が丘の街をイメージしている」という。「青ガエルはファンも多く、東急沿線にお住まいの40代以上の方には懐かしい電車。このスイーツが親・子・孫の3世代でコミュニケーションを楽しむきっかけになれば」とも。

 表面のシュガーペーストはマシュマロ風味で子どもでも食べやすいように仕上げ、中はクリスピーケーキとなっている。賞味期限は常温保存で約3カ月。価格は2,300円(税別)。20個限定(予定)で、同日から予約も受け付ける。

関連記事

おすすめ情報

みんなの経済新聞ネットワークの他の記事もみる

関東甲信越の主要なニュース

東京 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域選択

記事検索