台風15号被災農家の野菜で「寄付金付きスープ」販売 駒沢「東京ハーヴェスト」で

台風15号被災農家の野菜で「寄付金付きスープ」販売 駒沢「東京ハーヴェスト」で

 駒沢オリンピック公園(世田谷区駒沢公園1)・中央広場で9月21日・22日に開催されるフードイベント「東京ハーヴェスト2019」で、台風15号の被害に遭った生産者を支援する「寄付金付き野菜スープ」を販売する。(自由が丘経済新聞)

 「東京ハーヴェスト」は、農家、漁師、酪農家などの日本の「食の作り手」の素晴らしさを国内外に発信し、感謝と尊敬の気持ちを形にして伝えようとの思いから2013(平成25)年に始まったフードイベント。同所で初開催となる今回は「日本各地の『旨(うま)い』を味わい、生産者の『凄(すご)い』を体験する」をコンセプトに、過去最大となる約40人の生産者が参加し、会場限定メニューの販売やパフォーマンス、子どもも参加できるワークショップなどを展開する。 

 イベントを主催するオイシックス・ラ・大地(品川区)、カフェ・カンパニー(渋谷区)、東の食の会による「東京ハーヴェスト実行委員会」は、9月9日に千葉市付近に上陸した台風15号の影響で農作物などへの被害が拡大している状況を受け、イベント内で被災者へのお見舞いと復旧支援を目的とした支援活動「台風被災地を、食べて応援!」を行うと発表した。

 会場では、千葉県の被災農家が生産した野菜を集めてシェフが監修したという「寄付金付き・千葉野菜のミネストローネ」をはじめ、被災した同イベント出店者の商品をマルシェで販売する。合わせて、生産者への支援を目的とした義援金の募集も行う。同委員会は「引き続き生産者と連携し、被災状況を確認しながら現地のニーズに合わせ、会場での支援活動を検討したい」としている。
 
 開催時間は、21日=11時〜18時、22日=10時〜19時。


おすすめ情報

みんなの経済新聞ネットワークの他の記事もみる

あわせて読む

関東甲信越の主要なニュース

東京 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

地域選択

記事検索