金沢の人気店「ひらみぱん」が新店 そば粉使ったガレット・デザートクレープなど

金沢の人気店「ひらみぱん」が新店 そば粉使ったガレット・デザートクレープなど

 金沢市文化ホールの近くに3月1日、「ビストロ ひらみぱん」(金沢市長町)の姉妹店「クレープリー アンティーム」(高岡町、TEL 076-221-7831)がオープンした。(金沢経済新聞)

 【パノラマVR】「ひらみぱん」の姉妹店「クレープリー アンティーム」

 ひらみぱんは当初、自家製パンと洋風総菜を中心とした「ブラッセリー」として開業したが、一昨年から「ビストロ」と改め、フランス料理店の色合いを強めている。「アンティーム」は、より気軽に楽しめるカフェとして、屋外イベントなどで提供して好評だったガレットとクレープを中心に提供する。

 築90年の町家を改装した店舗には、カウンター3席、テーブル席10席を設ける。パリのカフェをイメージして、アンティーク風の家具や雑貨を配し、こぢんまりとしながら温かい雰囲気。「ゆっくりくつろいでほしい」という思いから、オーナーシェフの平見高広さんがセレクトした、食べ物や旅、音楽などのさまざまなジャンルの本を並べ、自由に読むことができるようにした。

 ガレットは、そば粉を使ったもちもちとした生地で「生ハム」「スモークサーモン」「能登豚のソーセージ」のいずれかのメイン具材と半熟卵、3種類のチーズを包む。サラダを添えて、スープとのセット(1,500円〜)で提供。このほか、自家製バニラアイスなどを使った「デザートクレープ」、「ガトーショコラ」(以上600円)、9時〜10時30分は、クロックマダム、キッシュをメインとした「モーニングセット」(1,260円〜)も用意する(全て税別)。

 今後、2階にギャラリースペースも開く予定。平見さんは「食事やカフェ、本、アートなど、いろいろな切り口で楽しんでもらえたら」と来店を呼び掛ける。「ひらみぱんから歩いて30秒ほど。個性的な店が並ぶせせらぎ通りかいわいを訪れるきっかけになれば」とも。

 営業時間は9時〜18時。月曜定休、火曜不定休。

ニュースをもっと見る

関連記事

おすすめ情報

みんなの経済新聞ネットワークの他の記事もみる

東海/北陸の主要なニュース

17時59分更新

石川のニュースランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京のニュースをもっと見る

地域のニュースを見る

地域を選択してください

戻る都道府県を選択してください

記事検索