台湾唐揚げ専門店「李さんの台湾名物屋台 金沢竪町店」(金沢市竪町、TEL 076-209-5651)が12月28日、竪町商店街にオープンした。(金沢経済新聞)

 【VRで読む】竪町商店街に「李さんの台湾名物屋台 金沢竪町店」がオープン

 「李さんの台湾名物屋台」は台湾出身の元タレント・李承芳(リー・ショウホウ)さんがオーナーを務め、名古屋市大須に3店舗を展開するほか、大阪府や沖縄県、北陸では富山県にも出店している。

 今回、石川県初出店となったことについて店長の稲垣龍之介さんは「名古屋の店で働きながら、遠方から食べに来る人も多い李さんの味をさらに広めたいと考えた。人が集まる場所に出店しようといくつか土地や物件を探した中で、金沢の中心街として学生などが多い同商店街の物件に巡り合った」と話す。

 メインで提供するのは、台湾唐揚げとタピオカ。台湾唐揚げは李さん秘伝のスパイスで下味をつけ、衣が薄いのも特徴。ノーマルの「台湾唐揚げ」のほか、甘辛ソースの「辣醤(ラージャン)唐揚げ」、フルーティーソースをかけた「橙香(サンサン)唐揚げ」(各550円)も。「タピオカ」(各390円)は名古屋の本店から仕入れた生タピオカを毎朝店内で炊き上げた定番のミルクティーやココアのほか、青汁やココナツミルクなど10種類をラインアップ。期間限定のフレーバーも季節替わりで用意する。

 稲垣さんは「価格もリーズナブルで平日は高校生や大学生の来店が多いが、週末は家族連れも多く来店する。今後も幅広い客層を取り込み、李さんオリジナルの唐揚げやタピオカを楽しんでもらいたい。テークアウトや電話での注文にも対応しているので、気軽に利用してもらえれば」と呼び掛ける。

 営業時間は12時〜20時30分(土曜・日曜は11時30分〜)。