京都の花街「先斗町」の歌舞練場でビアホール 舞妓のポートレート写真展も

京都の花街「先斗町」の歌舞練場でビアホール 舞妓のポートレート写真展も

 京都の五花街の一つ、先斗町(ぽんとちょう)にある先斗町歌舞練場(京都市中京区)で8月13日、写真展と期間限定のビアホール営業が始まる。運営はサントリー。(烏丸経済新聞)

 プレミアムビールも飲み放題に

 今年で2年目となる同イベント。芸舞妓(まいこ)の踊りの鑑賞とともに、同社の京都ブルワリーで作られたプレミアムビールなどの飲み放題と仕出しを提供する。ビアホールは2部入れ替え制で、いずれも4,000円。要予約。

 期間中は、写真家の清家正信さんが撮影した先斗町の芸舞妓のポートレート作品の展示会「先斗町」も同時開催する。舞妓さんや先斗町にちなんだ工芸品の展示販売も行われる。展示会は入場無料。

 開催時間は、1部=17時〜18時30分、2部=19時〜20時30分。申し込みは「チケットぴあ」で受け付ける。

関連記事

おすすめ情報

みんなの経済新聞ネットワークの他の記事もみる

関西の主要なニュース

京都のニュースランキング

ランキングの続きを見る

地域の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域のニュースを見る

地域を選択してください

戻る都道府県を選択してください

記事検索