専修大学の学生が武蔵小杉でインターンシップ カレー店拠点に町おこし

 サウンドキッチン(川崎市中原区新丸子東2、TEL044−571-7186)で現在、専修大学の学生7人がインターンシップを行っている。(川崎経済新聞)

 会議をする学生たち

 7人の学生はサウンドキッチンが経営する武蔵小杉の「コスギカレー」を拠点に5月から7か月間、町おこし活動を主軸としたインターンシップを行う。現在、コスギカレーを町の情報集積・発信拠点にしようと客参加型の「まちマップ」を作成している。

 「まちの記憶に残るものをつくりだす」をスローガンに活動する学生チームでリーダーを務める2年生の?木蓮さんは「この町にはいろいろな店があるということを広く知っていただく活動を通じ、地域貢献につなげたい」と話す。

 サウンドキッチンでは今年初めてインターンシップ学生を受け入れた。社長の奥村佑子さんは「学生が同じ目的を持って楽しんで活動してくれることがうれしい。今後も学生たちと一緒に待ちおこしを考えていきたい。インターンシップが終わってもずっと残る新しい文化をつくっていければ」と話す。

関連記事

おすすめ情報

みんなの経済新聞ネットワークの他の記事もみる

関東甲信越の主要なニュース

神奈川のニュースランキング

ランキングの続きを見る

地域の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域のニュースを見る

地域を選択してください

戻る都道府県を選択してください

記事検索