高円寺で兄弟デニムブランドがインディゴ染めワークショップ 試着販売会も

高円寺で兄弟デニムブランドがインディゴ染めワークショップ 試着販売会も

 高円寺の「まめくらし研究所」(杉並区高円寺北4)で8月12日、「インディゴ染めワークショップ デニム試着販売会(by EVERY DENIM)」が開催される。(高円寺経済新聞)

 インディゴ染めの様子

 「EVERY DENIM」は2015年9月に現役大学生の耀平(ようへい)さん、舜介(しゅんすけ)さん兄弟が立ち上げたデニムブランド。瀬戸内のジーンズ工場の技術力を引き出し、持続可能なものづくりを提案している。2人は店舗を持たず、全国各地に足を運び商品を販売する。

 汚れて着なくなった服などを藍色に染めて、「愛着のある一着」へと変えるワークショップで、参加者が所有する服を藍染めする内容。デニムの試着販売会では新作モデルや新色も用意する。

 まめくらしの宮田サラさんは「お家に眠る洋服や汚れてしまったワンピースなどをお持ちいただき、藍色に染めてもう一度洋服に息を吹き込みましょう!販売会にはお気に入りの一着を見つけに来店いただければ」と呼び掛ける。

 開催時間は、ワークショップ=14時〜15時30分、16時30分〜18時、販売会は13時〜18時。ワークショップは1着2000円(2着目から1000円)で、応募フォームから事前申し込みが必要。

関連記事

おすすめ情報

みんなの経済新聞ネットワークの他の記事もみる

関東甲信越の主要なニュース

東京のニュースランキング

ランキングの続きを見る

地域の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域のニュースを見る

地域を選択してください

戻る都道府県を選択してください

記事検索