Bリーグ「B.LEAGUE AWARD SHOW 2019-20」が5月8日〜10日、初の試みとしてオンラインで開催され、横浜ビー・コルセアーズの田渡凌選手(#21)が、MIP(最優秀インプレッシブ選手)に選ばれた。(港北経済新聞)

 【写真】「勝ちに行く」姿に応援するファンも多い

 Bリーグとバスケットボールの魅力を発信し多くのファンの共感を得た選手に送られるMIP。ゲームのみならず、人気リアリティー番組「テラスハウス」への出演により新たなファンの獲得に貢献したほか、ツイッターでのエアロビクスチャレンジ動画の再生数が100万回を超えることなどが評価された。

 アワードの発表の際にもエアロビ姿で登場し「衣装は全て自前」と新たな一面を見せ視聴しているファンを喜ばせた。Bリーグを応援する番組のプロデューサーによって選定された賞にふさわしいひとときを演出した。

 田渡選手は、「競技を始めてから23年間、常に日本バスケット界の発展のために少しでも貢献できたらという思いで日々精進してきた。このような形で賞を頂けてとても光栄。それと同時に、選手としてもっと活躍し、またアワードの舞台に帰ってくる、という新しい目標もできた。新型コロナウイルスで大変な時期だからこそ、皆さんに少しでも笑顔を届けられるようこれからも頑張りたい」とコメントした。