倉敷・美観地区にあるラーメン店「小豆島ラーメン HISHIO 倉敷美観地区店」(阿知2、TEL 086-436-7624)がリニューアルオープンして3カ月がたった。経営はビートシステムサービス。(倉敷経済新聞)

 【写真】煮玉子をトッピングした「醤そば」

 2012(平成24)年にオープンした同店。2018(平成30)年に一時閉店し、建物の建て直しを行う大幅リニューアルを経て営業を再開した。店舗面積を拡大し、席数は10席から13席になった。メニューも拡充し、食券機を導入した。

 メニューは「醤(ひしお)そば」(860円)、「白壁そば」(890円)、「HISHIO RED」(1,000円)など。替え玉は無料。麺は冨士麺ず工房(岡山市)と共同開発したオリジナル麺。スープには瀬戸内産のカタクチイワシを使う。新メニューの「島餃子(ギョーザ)」(5個=200円)は、しょう油とラー油に加え、小豆島産のもろみを添える。

 「リニューアル前は居抜き物件だったので調理場にも柱や段差があったが、今回のリニューアルで使い勝手が向上した。以前のデザインの良さを引き継いだまま、お客さまのスペースも広くすることができた」と役員の草井裕さん。

 「閉まっていた期間が長かったので『営業再開はまだか』という問い合わせが多かった。期待に応えられるように店作りをしていきたい」とも。

 営業時間は11時〜19時。月曜定休。