京橋の肉バル&バーガー「セブンデイズ京橋」(大阪市都島区東野田5、TEL06-6358-6002)が中心となり、城東区の3店舗と共に5月16日・17日の2日間、一人親世帯を対象に弁当を無料提供する。(京橋経済新聞)

 【写真】弁当無料提供を実施する4店舗のオーナーたち

 企画したのは同店オーナーの古木佑介さん(40)。新型コロナウイルスの影響で営業自粛が続く中「お客さまから一人親家庭がとても大変と聞いた。自分も母子家庭だったので大変さが身をもって分かるので、飲食店として食で支援をしたい」と企画。フェイスブックの飲食店同士のコミュニティーで交流のあった城東区の3店舗にも協力を呼び掛け、「4店舗で同時に実施すればより広い地域の人に提供できる」とも考えた。

 同店で提供するのは「肉バルカレー」。6時間じっくり煮込んだコクのあるスパイシーなルウと柔らかく甘みのある牛スジ肉がたっぷり入る人気メニュー。「肉好きが驚くほど肉まみれでほぼ毎日売り切れる自慢のカレー。お昼のひとときを食で温められたら」と古木さん。ほかに参加するのは「とり酒楽まじか」(育成3、TEL 06-6932-5358)、イタリアン「オステリア・ルチアーノ」(今福東1、TEL 06−6167−7533)、「ぺこぺこうどん」(森之宮2、TEL 06-6963-2068)。それぞれの特徴を生かした弁当が無料で提供される。

 各店1日20食または10家族限定。電話での事前予約が必要。