仲見世商店街の路地裏2階にアート&サブカル古書店 週末限定営業

仲見世商店街の路地裏2階にアート&サブカル古書店 週末限定営業

 町田・仲見世商店街に5月12日、アート&サブカルチャー専門書店「Eureka(ユリイカ)」(町田市原町田4、TEL 090-2316-6846)がオープンした。(町田経済新聞)

 ユリイカ店主

 横丁商店街の路地裏2階で、以前は無店舗型風俗店の置屋(おきや)として使われていたという、人がほとんど立ち入ることがない一室。地元育ちの店主、近藤映斗さんがネットショップの実店舗として開いた。

 店舗面積は7畳。天井の撤去や断熱材の施工、床の張替え、本棚の据え付けなど、1カ月かけてすべて手作りしたという。

 取り扱う商品は、写真集や画集などのアート、民俗学・文化人類学、サブカルチャーを中心とした古書や古本。価格帯は400円〜5,000円が中心で、「アマゾンより安く、ブックオフより品揃えがいいこと」を心掛けているという。

 「街の小さい本屋がなくなっている中で、どこまでやれるか挑戦する」と近藤さん。「知らなかった本との出会いをつくりたい」とも。今後、品揃えを増やすほか、新本やジンなども取り揃えて、ネットと実店舗の売り上げを半々にしたいと抱負を明かす。

 営業時間は12時〜20時。土曜・日曜営業(6月から金曜も営業予定)。

関連記事

おすすめ情報

みんなの経済新聞ネットワークの他の記事もみる

関東甲信越の主要なニュース

東京 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域選択

記事検索