JR東日本は1月12日、JR町田駅の横浜線下りホーム(4番線)のホームドアを撤去した。2021年の春、改良型ホームドアの設置を予定する。(相模原町田経済新聞)

 ホームドアは、ホームからの転落や列車との接触事故を防止するため、ホームの線路に面する部分に設置される可動式の開口部を持った仕切り。町田駅のホームドアは2016年12月、試行的に設置された低コストで工期短縮が可能な「スマートホームドア」。これまでに一部機能の改良を加えながらデータ収集を行っていたという。

 導入1年後のアンケートでは、「以前よりも安全になった」という回答が最も多い一方、ホームドアと車両のドアが連動していないため、「開くのが遅い」「逆に危険である」という意見も寄せられていた。
 
 同社は、これまでの知見をもとに新しいホームドアへの取り替えを進める。定位置停止装置(TASC)機能を活用することで、開口部を2800ミリから2000ミリに短縮。安定性の向上、列車端部のスムーズな乗り降り、規格化による故障時の早い復旧を実現するという。

 新しいホームドアは4番線と1番線(上りホーム)に設置。基礎工事から施工する。