クラフトビールイベント「大江戸ビール祭り2020夏」が7月22日から、町田シバヒロ(町田市中町1)で開かれる。(相模原町田経済新聞)

 神田で初開催以降、高田馬場や歌舞伎町などで開かれてきた同イベント。町田では昨年に続き3回目。約30社が出店し、国内外のクラフトビール約200種類(1杯300円〜)やフードを提供。クラフトビールになじみがない人には、各店の醸造所スタッフらが説明する。

 今年の出店者は、網走ビール、EBINA BEER、Y.Y.G Brewery、いわて蔵ビール、ブルーウッドブリュワリー、こまいぬブルワリー柏ビール、郡上八幡麦酒(ビール)こぼこぼ、奥入瀬ビール、富士桜高原麦酒、えぞ麦酒、鳴子温泉ブルワリー、DevilCraft breweryなど。

 芝生広場の中央には今回も「やぐらDJブース」を設置。Satoshi Miya(BRIGHTON Studio DAIKANYAMA/BROKEN SPORT)などのアーティストが、「夏祭り気分」を盛り上げる。

 期間中、会場で新型コロナウイルスの感染防止策を講じるほか、飲食時以外のマスク着用、ソーシャルディスタンスの確保、体調不良の場合の入場を控えることを呼び掛ける。

 開催時間は13時〜21時(土曜・日曜・祝日は11時〜)。入場無料。今月26日まで。29日〜8月2日は、「納涼大人の夏祭り2020」に名称を変えて、クラフトビールを提供する。

※東京都における新型コロナウイルスの感染拡大をうけて中止。