松本で「クラフトピクニック」 実演やワークショップでものづくりに触れる

松本で「クラフトピクニック」 実演やワークショップでものづくりに触れる

 実演やワークショップなどでクラフトと触れ合うイベント「クラフトピクニック」が10月14日・15日、松本・あがたの森公園(松本市県3)で行われる。主催はNPO法人松本クラフト推進協会。(松本経済新聞)

 木工、陶磁器、ガラス、金属、染色・糸・フェルトなどのクラフト部門と食品部門を合わせた102組が出展。木を削ってスプーンやカッティングボードを作ったり、革のバッグを縫ったり、糸を紡いだりする実演やワークショップを行う。ポップコーンや麦茶、ジャムなどを作る食品のブースも。

 招待出展は、張り子やからくりおもちゃを制作する「はりこ工房葉紙屋(はしや)」(兵庫県)。実演のほか、さまざまな紙をコラージュして絵付けを施し、オリジナルのミニサファリお面を作るワークショップも開く。「今回は、作家さんの希望もあってワークショップも実現した。子どもでも大丈夫なので、気軽に参加してほしい」と同NPO法人担当者。

 「ものを使う人と作る人が出会い、ものづくりの過程を楽しむ」ことを目的にスタートした同イベントは、今年で16回目。同公園の芝生広場を囲むようにブースが並び、広場の中央では例年、のんびりくつろぐ人々や、作ったおもちゃで遊ぶ子どもたちの姿も見られる。「毎年楽しみに来てくれる人も多く、リピーター向けにワンランクアップしたワークショップを用意してくれているブースもある。お弁当や飲み物を持参して、ピクニック気分で楽しんでもらえれば」

 開催時間は10時〜16時。雨天決行。

関連記事

おすすめ情報

みんなの経済新聞ネットワークの他の記事もみる

関東甲信越の主要なニュース

長野 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域のニュースを見る

地域を選択してください

戻る都道府県を選択してください

記事検索