松山のコワーキングスペース「マツヤマンスペース」が3周年&増床

松山のコワーキングスペース「マツヤマンスペース」が3周年&増床

7月で3周年を迎えた松山駅前のコワーキングスペース「マツヤマンスペース」(松山市千舟町)が増床した。(松山経済新聞)

 2015年7月にオープンした同施設の利用者は10〜60代と幅広く、職種もフリーランスや会社員、経営者、主婦、学生などさまざま。東京や大阪など、地元以外の利用者も増えている。仕事場やセミナー、打ち合わせスペースとしての利用やメンバー同士の受発注、コラボ、交流なども活発に行われているという。

 これまで3階1フロアのみだったが、今月2日、ソファやカフェカウンターのある交流専用のスペースを4階に設け2フロアに増床。3階=「集中エリア&イベント・ミーティングエリア」、4階=「コワーキングエリア&カフェエリア」とした。

利用者の文筆家、渡辺ことりさんは「ここに来るといい発想が浮かぶ気がする。増床でますます使いやすくなると思う」と話す。

管理人の稲見益輔さんは「支えてくださる皆さまのおかげで3周年を迎えることができた。コワーキングスペースという仕組みを利用して地域を盛り上げていきたい」と意欲を見せる。

営業時間は8時〜24時。日曜定休。料金は、メンバープラン=7,800円〜、学生プラン=5,000円、ビジター利用=2,000円


関連記事

おすすめ情報

みんなの経済新聞ネットワークの他の記事もみる

中国/四国の主要なニュース

愛媛 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域選択

記事検索