茨城大学の新入生を対象とした歓迎イベント「茨大おうち新歓」が4月29日、オンラインミーティングツール「Zoom」で開催された。主催は学生団体「STUDY FOR TWO茨城大学支部」。(水戸経済新聞)

 同団体代表を務める藤川尚さんは「サークルや学生団体は大学生活を彩る一つの要素。新入生が団体について知る機会が少しでも増えれば」と話す。

 当日は主催団体に加え、「茨城大学E.S.S」「茨城大学女子ラクロス部」「茨城大学管弦楽団」「日本一つながる学食プロジェクト」の4団体が参加した。イベントでは各団体の代表者が紹介を行った後、質疑応答を受け付け、新入生約20人が参加した。

 「日本一つながる学食プロジェクト」の発表者として参加した佐々木幹太さんは「参加者の反応が見えないという不安はあったが、楽しんで行うことができた。オンラインイベントは場所が離れていても参加できる利点がある。今後も続けてほしい」と話す。

 当日の様子は後日、「STUDY FOR TWO茨城大学支部」のユーチューブチャンネルで公開する予定。