富士桜高原麦酒が地ビール「ミュンヘンラガー」販売へ

富士桜高原麦酒が地ビール「ミュンヘンラガー」販売へ

富士桜高原麦酒(山梨県富士河口湖町)が5月、地ビール「ミュンヘンラガー」の販売を始めた。(富士山経済新聞)

 ジョッキに入れたミュンヘンラガー

ドイツ・ミュンヘンで飲まれている「ヘレス」タイプをベースにした同商品。苦味が少なく、モルトの風味が特徴。同商品はイギリスのパラグラフ・パブリッシング社が主催する「ワールド・ビア・アワード」のヘレス/ミュンへナー部門で最高位となるワールドベスト・へレス/ミュンヘナーを2度受賞している。

 2007年から毎年開催している「ワールド・ビア・アワード」は、その年の「世界一のビール」を決める品評会。同商品がワールドベスト・へレス/ミュンヘナーを初受賞した2015年大会には、30カ国以上から1000銘柄のビールがエントリーした。

同社は「新鮮なモルトとスパイシーな風味のホップを使う事で、喉ごしのよいビールに仕上がった、ビール本来のモルトの風味を生かしたビールを楽しんでいただければ」と話す。

価格は330ミリリットル入り=460円。地ビールレストラン「シルバンズ」(山梨県富士河口湖町)売店、富士桜高原麦酒ウェブサイトで販売している。

関連記事

おすすめ情報

みんなの経済新聞ネットワークの他の記事もみる

関東甲信越の主要なニュース

山梨 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域選択

記事検索