富士急ハイランド(山梨県富士吉田市)は現在、「#真顔チャレンジキャンペーン」を展開している。(富士山経済新聞)

 【写真】真顔お手本動画も公開

 5月23日からさまざまな感染諸対策を講じた上で山梨県在住の人限定で営業を再開し、6月19日から全国47都道府県全ての客が入園できるようになった同園。

 感染諸対策の中で、遊園地協会のガイドラインに沿い「大声での発声を控える」よう促しているが、「厳しい」「不可能だ」との声が寄せられたことで、同園の公式SNSでは富士急ハイランド岩田大昌社長、富士急行堀内光一郎社長が出演するお手本動画として、絶叫コースターに真顔で乗る動画を公開した。

 「#真顔チャレンジキャンペーン」では、富士急ハイランドの公式アカウントをフォローし、「#真顔チャレンジ」を付けて写真を投稿した客を対象に抽選で5組10人にフリーパスを進呈する。同園ではそのほか、「ご協力いただきサンキューキャンペーン」として、各絶叫コースタでのライド写真を390円(サンキュー価格)で販売している。

 営業時間は、6月19日〜7月17日=10時〜17時、7月18日〜31日=9時〜18時。入園無料。