富士山2合目にフラワーパーク「富士 花めぐりの里」 8種の花々咲き誇る

富士山2合目にフラワーパーク「富士 花めぐりの里」 8種の花々咲き誇る

 静岡県裾野市の富士山2合目(標高1200メートル)に位置するフラワーパーク「富士 花めぐりの里」が7月22日、今シーズンの営業をスタートする。(富士山経済新聞)

 期間を通して咲く8種類の花

 富士山・宝永火口や、箱根連山から駿河湾に至る180度パノラマ、さまざまな種類の花畑が楽しめる施設として昨年オープン。

 2年目となる今年は、富士山をモチーフとした花畑や花壇が加わり、8種類に増えた花々が期間を通じて園内を彩るという。

 花の種類は、百日草(約4千本)、ヒマワリ(約17万6千本)、シノグロッサム(15万4千本)、サンパチェンス(約4千本)、千日紅(約3千本)、ヒガンバナ(約18万本)、ベンタス(約4千本)、コキア(約千本)など。

 直径16メートルの花の日時計や、実際に登ることができる1660分の一スケールのミニ富士、ストーンサークル、サンパチェンスで表現した富士山型モザイクアート、地元B級グルメを日替わりで提供する飲食コーナー、同施設オリジナルグッズを販売するコーナー、ドッグランや天然温泉を使った足湯などの施設も展開。全自動運転の5人乗りカート「らくらくカート」も用意する。

 開園時間は9時〜17時。入園料は、大人=550円、子ども=250円。10月9日までを予定。

関連記事

おすすめ情報

みんなの経済新聞ネットワークの他の記事もみる

関東甲信越の主要なニュース

山梨のニュースランキング

ランキングの続きを見る

地域の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域のニュースを見る

地域を選択してください

戻る都道府県を選択してください

記事検索