富士急ハイランドに屋外スケートリンク 日本一早くオープン

富士急ハイランドに屋外スケートリンク 日本一早くオープン

 富士急ハイランド(山梨県富士吉田市)は10月20日、屋外スケートリンク「クリスタルラグーンリンク」の営業をスタートする。(富士山経済新聞)

 標高830メートルの高冷地に位置し、日本一早くオープンするという同施設。広さは3800平方メートルで、7つの小島が浮かび、富士山をバックにスケーティングが楽しめるほか、夜間はイルミネーションを点灯する。

 「初心者専用エリア」を設けるほか、初心者向けに開発した富士急ハイランドオリジナル「二枚刃スケート靴」や、スケート補助具「Qスケ」、氷上ソリ「スケートメイト」などのレンタルアイテムも用意。10時〜と14時〜には無料スケート教室を開く。

 11月23日〜2月25日にはスピードスケート公式大会にも使われるリンク「ユニファーフォレスト SEIKO OVAL」が、12月9日〜3月18日には屋内スケートリンク「シアターリンク」がオープン予定。

 滑走料は無料で、貸靴レンタル料は1足=1,000円(スケート靴持ち込み可能)。アイテムレンタル料は「スケートメイト」=600円(30分)、「Qスケ」=300円(同)、ヘルメット=300円、「キッズチャレンジセット(二枚刃スケート靴・ヘルメット・Qスケ)」=1,300円。

 営業時間は9時〜17時(土曜・日曜・祝日は18時まで)。入園料は、大人=1,500円、子ども(3歳〜小学生)=900円。11月7日・12月5日・12日は休園日。

関連記事

おすすめ情報

みんなの経済新聞ネットワークの他の記事もみる

関東甲信越の主要なニュース

山梨 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域のニュースを見る

地域を選択してください

戻る都道府県を選択してください

記事検索