河口湖で「冬花火」 週末中心全13回、観覧クルーズなども

河口湖で「冬花火」 週末中心全13回、観覧クルーズなども

 河口湖畔(山梨県富士河口湖町)で1月13日から、冬の夜空に花火を打ち上げる「河口湖・冬花火」が開催される。(富士山経済新聞)

 1月13日〜2月18日の土曜・日曜と、「富士山の日」である2月23日の計13回打ち上げを行う同イベント。

 打ち上げポイントは、大池公園湖岸の「大池メイン会場」、湖畔県営駐車場脇の「畳岩ポイント」、八木崎公園内の「八木崎会場ポイント」の3カ所。

 メイン会場は、花火から一番近く迫力ある花火が見ることができ、畳岩ポイントはメイン会場の花火とのコラボレーションが見どころだという。

 期間中には富士河口湖町では西湖樹氷まつりなどさまざまなイベントを実施。「カチカチ山ロープウェイ」は特別営業を行い、運が良ければ湖面に映る逆さ花火も見ることができる可能性があるという。河口湖遊覧船アンソレイユ号は「冬花火観覧クルーズ」を行う。

 開催時間は20時〜20時20分。

関連記事

おすすめ情報

みんなの経済新聞ネットワークの他の記事もみる

関東甲信越の主要なニュース

山梨 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域選択

記事検索