まかいの牧場で「どんど焼き」 厄除け団子の販売や甘酒のふるまいなども

まかいの牧場で「どんど焼き」 厄除け団子の販売や甘酒のふるまいなども

 まかいの牧場(静岡県富士宮市)で1月14日、門松や正月飾りなどをたく「どんど焼き」が行われる。(富士山経済新聞)

 どんど焼きは一年の無病息災を願う神事。門松、正月飾り、お守り、しめ縄、書き初めなどを神火で焼き、その火にあたったり、あぶった餅を食べたりすると病気をしないといわれている。

 13時からは厄よけ団子の販売や太鼓演奏を実施。13時30分からは甘酒の振る舞いも行い、14時頃点火、14時20分からは「お菓子まき」も予定する。

 どんど焼きの火柱は5〜6メートルほどに燃え盛るという。「近年では煙害や安全面などの諸事情から中止する地域も多くなっているよう。無病息災を祈りながらたくさんのお客さまが雄大な火柱の前に集まる伝統行事を、ぜひご覧いただければ」と同園。

 入場料は、大人=800円、子ども(3歳以上)=500円。

関連記事

おすすめ情報

みんなの経済新聞ネットワークの他の記事もみる

関東甲信越の主要なニュース

山梨 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域選択

記事検索