JR長崎駅で3月8日、記念乗車券「ありがとう長崎駅記念乗車券」が発売される。(長崎経済新聞)

 【写真】783系特急形電車「ハイパーかもめ」(提供:JR九州)

 乗車券は3月28日に長崎本線・長崎−浦上間の新線と高架ホームの共用開始に伴い、新駅舎になることを記念したもの。同駅発の片道乗車券3枚と硬券仕様の入場券1枚の4枚を台紙にセットしたもので、新駅舎の開業日に合わせて328セット限定となる。

 台紙のデザインにはこれまで長崎駅に乗り入れていた列車として長崎と東京を結んでいた寝台特急「さくら」や、長崎―博多を結ぶ783系特急形電車「ハイパーかもめ」が使われるほか、長崎駅の駅舎や校内の風景が使われ、長崎駅の歴史や思い出を感じられるという。

 販売は長崎駅みどりの窓口内の専用窓口で9時から。発売額は3,280円で、各券とも2020(令和2)年3月28日に限り有効。予約は不可で1人5セットまで。