JR東中野駅西口で子ども向け祭り 9町会合同、屋台やおでん振る舞いも

JR東中野駅西口で子ども向け祭り 9町会合同、屋台やおでん振る舞いも

 子ども向けのお祭り「ひがしなかのEKIHIRO(えきひろ)フェスタ」が5月5日、山手通りとJR中央・総武線の線路が交差するJR東中野駅(中野区東中野4)西口ロータリーで開催される。(中野経済新聞)

 (関連フォト)ヒガナカプロジェクトのメンバーが運営

 同フェスタは、同駅周辺の宮一会・高根町会・上ノ原町会・氷川町会・東一東町会・昭一文化会・桃山町会・東中野四丁目町会・東中野五丁目小滝橋町会の周辺9町会・自治会で構成される「東中野駅前を楽しくする会」が主催。2016年4月から子ども向けに定期的に開いている。同駅西口に2015年3月1日に完成したロータリーを通行止めにして行う。

 イベントは、射的やゲームなどの出店、ホットドッグやラムネなどの模擬店のほか、中野東中学校「吹奏楽部」「和太鼓部」の演奏、なかの里まち連携自治体の特産物販売などと、「東京五輪音頭2020」を参加者で踊る時間帯もある。子ども先着100人におでんの振る舞いも用意する。

 開催時間は11時〜15時。小雨決行。


おすすめ情報

みんなの経済新聞ネットワークの他の記事もみる

関東甲信越の主要なニュース

東京 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

地域選択

記事検索