野方駅近くに「オリオン食堂」 つけ麺やラーメン中心に、丼ものや水ギョーザも

野方駅近くに「オリオン食堂」 つけ麺やラーメン中心に、丼ものや水ギョーザも

 「野方エキスインパクト オリオン食堂」(中野区野方5、TEL 03-5327-8660)が9月3日、西武新宿線野方駅前の駅前通り商店街にオープンした。(中野経済新聞)

 (関連フォト)「オリオン食堂 野方店」外観

 店主の相良和彦さんが2001(平成13)年12月に豊島区にオープンし、テレビや雑誌など数多くのメディアに紹介されている「東長崎エキスインパクト オリオン食堂」の2号店として出店。本店と同じく、自家製麺を使ったつけ麺、ラーメン、まぜそばなどの麺類を中心に、ギョーザやつまみ、スタミナ丼などの丼ものなども用意する。席数はテーブル席24席。

 麺メニューは、豚足と魚粉のコラボが特徴の「濃魚つけ麺(しょうゆ・辛うま・熟ごま)」(780円)や「重厚つけ麺(しょうゆ・辛うま)」「カレーつけ麺」(以上880円)、生卵2個をつけスープに混ぜて食べる「裏Bつけ麺」(880円)などのつけ麺類を中心に、魚介系中華そば「オリオンラーメン」(800円)や「清湯鶏そば(しょうゆ・しお)」(780円)などのラーメン類のほか、「しょうゆまぜそば」「辛うままぜそば」「カレーまぜそば」(以上850円)や「台湾まぜそば」(890円)などのまぜそば類も用意する。

 そのほか、「チャーシュー丼」や「スタミナ丼」(以上680円)、「TKG」(150円)などのごはんもの、「よだれ水餃子」(4個)(280円)、「水餃子+生ビール」(640円)や「水餃子+白ごはん」(380円)などのセットメニュー、生ビールやハイボールなどのドリンクメニューも用意する。

 店員によると「本店同様に、キッズセットも準備中。準備ができ次第、毎週火曜日は限定メニューを提供する『チャレンジオリオン』も実施予定」という。

 営業時間は11時〜翌2時30分。


おすすめ情報

みんなの経済新聞ネットワークの他の記事もみる

関東甲信越の主要なニュース

東京 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

地域選択

記事検索