なんばの新「南海会館」名称募集「ネーミング総選挙」

なんばの新「南海会館」名称募集「ネーミング総選挙」

 南海電鉄が8月1日、難波駅に隣接する「新南海会館ビル(仮称)」(大阪市中央区難波5)の新名称を募集する「ネーミング総選挙」を始めた。

 同ビルは地上30階、地下2階の鉄骨造で、高さ約148メートル、延べ床面積は8万4000平方メートルの複合ビル。2015年9月1日に着工し、2018年9月の竣工を予定しており、南海なんば駅の上に位置することからオフィスや医療施設のほか、ツーリストサロンなどインバウンドに対応する施設も出店を予定する。同ビルは、なんばエリアにおけるポテンシャル向上と新たな価値向上を目的としており、「当選挙を通して発信できたら」と同社プロジェクト推進室の粉川純一さんは話す。

 候補名は、なんばから世界へ向けて発信する拠点という意味を表した「なんばセカイエタワー」、なんばから世界の「Sky=空」を飛び回るダイナミックなビジネスを表した「なんばスカイオ」、なんばで国際的な交流を生み出す場を目指すことを表す「なんばグローバタワー」、未来を明るく照らしていきたいという意味の「なんばミライオテラス」の4種を用意。同社内などで募った案から「なんばエリア活性化の要として、エリア全体に新たな価値を創造するランドマークタワー」としてふさわしいと思う名称を選定したという。

 粉川さんは「それぞれの名前に思いが込められている。ぜひなんばエリアの未来をけん引するのにふさわしいと思う名前に投票してもらえたら」と呼び掛ける。

 投票は特設ウェブサイトから可能。投票資格は国内在住の人のみ。投票者には抽選でスイスホテル南海大阪ペアチケットなども用意する。今月21日17時まで。(なんば経済新聞)

関連記事

おすすめ情報

みんなの経済新聞ネットワークの他の記事もみる

関西の主要なニュース

大阪のニュースランキング

ランキングの続きを見る

地域の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域のニュースを見る

地域を選択してください

戻る都道府県を選択してください

記事検索