なんば高島屋にスペイン料理「ミゲル フアニ」 パエリア職人世界一が監修

なんば高島屋にスペイン料理「ミゲル フアニ」 パエリア職人世界一が監修

 高島屋大阪店(大阪市中央区難波5)の飲食フロア「なんばダイニングメゾン」9階に6月15日、「スペイン料理&ワイン パエリア専門店 MIGUEL y JUANI(ミゲル フアニ)」がオープンする。(なんば経済新聞)

 バレンシアオレンジとジンジャーの香るソフトシェルクラブのパエリア

 経営はワインやビールの輸入卸販売や飲食店経営を行う「ワールド リカー インポーターズ」(東京都港区)。パエリア職人世界一と呼ばれる「スエカ国際パエリアコンクール」の2014年チャンピオン、パコ・ロドリゲスさんがプロデュースをするパエリア専門店で、45種類のスペイン料理メニューを用意する。日本国内では新宿店、横浜店に次ぐ3店舗目。テーブル席60席を設ける。

 看板メニューのパエリアは、野菜と肉、エビ、イカなどの素材の味を引き出したスープをスペイン産の米に吸わせアルデンテに炊き上げるのが特徴。定番メニューの「本場直伝バレンシア パエリア」(3,500円)のほか、「魚介のパエリア」(3,200円)、米の代わりにパスタを使った「野菜のフィデウア」(2,600円)、同店限定メニューの「バレンシアオレンジとジンジャーの香るソフトシェルクラブのパエリア」(3,500円)などを用意。パエリア、フィデウアは2人前からで、価格は全て2人前(税別)。

 そのほかタコを柔らかく塩ゆでした「タコのガリシア風」(1,300円)、魚介と野菜のマリネにした「魚介のサルピコン」(500円)などのタパス、生ハム(500円〜)、アヒージョ(700円〜)、デザート(500円〜)などを用意。ドリンクはビール、ワイン、サングリア、カクテルなどを用意する。客単価は、ランチ=1,800円〜、ディナー=3,500円〜を想定する。

 営業時間は11時〜23時。

関連記事

おすすめ情報

みんなの経済新聞ネットワークの他の記事もみる

関西の主要なニュース

大阪 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域選択

記事検索