東京駅グランルーフで「ナツあそび」 テント泊企画や天体観測、抹茶体験など

東京駅グランルーフで「ナツあそび」 テント泊企画や天体観測、抹茶体験など

 JR東京駅八重洲口の「GRANROOF(グランルーフ)」2階デッキで8月1日、都会の真ん中にいながら夏の遊びが楽しめる体験型イベント「トーキョー駅deナツあそび」が始まった。主催は東京ステーションシティ運営協議会。(日本橋経済新聞)

 天体望遠鏡を使った天体観測体験

 建築家ヘルムート・ヤーンさんのデザインで、南北の2つのタワーをつなぐ「光の帆」として2013年に東京駅に完成した「グランルーフ」は、帆を模した最大高約27メートルの大屋根や、長さ230メートル、幅員最大約9メートルのペデストリアンデッキが特徴。

 今回は2階デッキ上に張ったテントで宿泊体験ができる「トーキョー駅de テントステイ」(8月25,26日4組限定 参加無料) をはじめ、アスレチック体験ができる「トーキョー駅de アドベンチャー」(8月26、27日11時〜17時 参加無料)、天体望遠鏡を使った天体観測(3日、25日、29日 15時〜21時 参加無料)、JAZZライブ(8月3日21日、17時〜18時30分20時〜参加無料)、お茶体験(8月22日 14時〜16時〜19時〜 参加費1,944円 先着28人)など全8種類の体験型コンテンツを展開する。

 東京ステーションシティ運営協議会の榎本さんは「思いっきり夏休みを満喫したい方も、忙しくてなかなか夏休みが取れない方も楽しめる、体験イベントを用意した。この機会にぜひ夏遊びができる東京駅を楽しんでほしい」と呼び掛ける。

関連記事

おすすめ情報

みんなの経済新聞ネットワークの他の記事もみる

関東甲信越の主要なニュース

東京のニュースランキング

ランキングの続きを見る

地域の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域のニュースを見る

地域を選択してください

戻る都道府県を選択してください

記事検索