青梅市、報知新聞社など青梅マラソン大会主催者は10月14日、新型コロナで延期を決めた「第55回記念大会」に代わるイベントとして来年2月20日〜28日、オンラインマラソン「青梅ロードレース2021バーチャル」を行うと発表した。(西多摩経済新聞)

 順位を競わない参加型の大会。コースは自由設定(専用アプリで記録計測ができる場所)で、30キロの部・10キロの部(定員計5,000人)、5キロペアの部(500組)がある。参加者には抽選で「第46回札幌マラソン」無料出走権や青梅特産品セットなどが当たるほか、完走者全員に完走賞(フィニッシャータオル)を進呈する。参加費2,500円。

 主催者は「全国のランナーにとって日々のトレーニングや目標設定の一助となり、次回の青梅マラソン大会への参加意欲を盛り上げていただくイベントとなることを目指す」としている。

 専用サイトで11月1日10時から、エントリーを受け付ける。別途手数料が必要。詳しくは公式サイトで確認できる。