足柄・大井町の天ぷら店でシイタケとウニ・エビなどの包み揚げ

足柄・大井町の天ぷら店でシイタケとウニ・エビなどの包み揚げ

 天ぷら専門店「満天」(足柄上郡大井町金子、TEL 0465-46-9789)で現在、小田原久野の「峯自然園」の原木シイタケを使った天ぷら6種類を提供している。(小田原箱根経済新聞)

 「シイタケは、さまざまな食材と相性がよい」と渡辺さん

 店主の渡辺賢吾さんは、天ぷらの老舗「銀座・天一」や「ハゲ天」で修業した天ぷらのプロ。3年前に独立して同店を開いた。渡辺さんは「秋のシイタケは、さまざまな食材と相性が良く、味・食感・香り全てにおいて素晴らしい食材」と話す。天一で修業していたときに、国賓が店を訪れて食事をし、シイタケにエビのすり下ろしを詰めた天ぷらが気に入っていたことを思い出し、秋のメニューに取り入れた。

 「この地で間もなく3年。自分の腕の全てを、この秋の6品に注いだ」と渡辺さん。プリプリのエビに塩コショウを加えてシイタケにのせた「椎茸(しいたけ」の海老詰め」、鶏もも・シイタケ・シソの食感にこだわった「鶏肉の紫蘇(しそ)チーズ包み」、シイタケに貝柱をふんだんに詰めて海苔(のり)でふたをした「貝柱の磯辺揚げ」(以上350円)、海の旬と山の旬の巡り合わせをテーマにした「牡蠣(かき)の紫蘇詰め」(400円)、揚げたキクイモとご飯の相性が良い「菊芋のネギ飯」(350円)、ウニをシイタケに詰めて揚げた「雲丹(うに)詰め」(500円)の6品。

 渡辺さんは「それぞれに天ぷらの老舗の技が生きている6品で、シイタケのすごさを感じる天ぷら。ぜひ味わっていただければ」と呼び掛ける。

 営業時間は11時〜15時、17時〜21時30分。火曜定休。

関連記事

おすすめ情報

みんなの経済新聞ネットワークの他の記事もみる

関東甲信越の主要なニュース

神奈川 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域のニュースを見る

地域を選択してください

戻る都道府県を選択してください

記事検索