岡山・奉還町にイタリア料理店 「小さな家」でリクエストに応じた料理でもてなす

岡山・奉還町にイタリア料理店 「小さな家」でリクエストに応じた料理でもてなす

 岡山市の奉還町商店街にイタリア料理店「giorgo casa piccolo(ジョルジオ カーサ ピッコロ)」(岡山市北区奉還町2、TEL 086-255-2525)がオープンして2カ月が過ぎた。(岡山経済新聞)

 イチジクと生ハム

 千屋牛パルの跡に居抜きで出店した同店。同商店街のアーケード通り入り口から西へ約75メートル、本の森セルバ西口店の隣に位置するれんがの壁面の店舗。店舗前に黒い立て看板とエンジ色のクロスを掛けたテーブルが並ぶ。席数は、店舗前にカウンター4席とテーブル9席、店内にカウンター7席の計20席。

 店名の「giorgio」はイタリア語で農夫、「casa piccolo」は小さな家という意味。店主の神部(かんべ)佑介さんは20歳の頃に友人に誘われてイタリア料理店で食事をし、カウンターの向かいで調理する料理人の様子に憧れてイタリア料理を学ぶようになった。「小さな家に料理を楽しみに来るように、地元の野菜を使って客がその日に食べたい料理でもてなしたい」と話す。

 フードメニューは「水ナスとミョウガのサラダ」「生ハムとイチジク」(以上800円)など季節の野菜や果物を使った前菜、「ピーチポークのロースト」(1,500円)、「牛窓産タコとマッシュルームのアヒージョ」(800円)などをそろえる。スパゲティ(1,000円〜)は、ソースをトマト、ニンニクオイル、ジェノベーゼ、クリーム、チーズソースなどから選び、リクエストに応じた野菜や素材を使って提供する。

 ドリンクは「フレッシュフルーツを使った自家製サングリア」(白・赤、各600円)、白ワインと赤ワインは2種ずつそろえ、グラス(600円)、ボトル(3,200円)で提供する。イタリアビール「モレッティ」(650円)、スパークリングワイン、カクテル、ソフトドリンクなども用意する。

 ランチメニューは2種で、スパゲティ(800円)と日替わりでハンバーグやチキンなどを提供する。

 営業時間は、11時30分〜14時、17時30分〜。

関連記事

おすすめ情報

みんなの経済新聞ネットワークの他の記事もみる

中国/四国の主要なニュース

岡山のニュースランキング

ランキングの続きを見る

地域の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域のニュースを見る

地域を選択してください

戻る都道府県を選択してください

記事検索