岡山ネオポリスで住宅街のマーケット 暮らしをもっと豊かにする

岡山ネオポリスで住宅街のマーケット 暮らしをもっと豊かにする

 岡山県・赤磐市の桜ヶ丘いきいき交流センター(赤磐市桜ヶ丘西5)臨時駐車場で5月19日、R AREAS MARKET 2ND(アール・エリアズ・マーケット)が開催される。(岡山経済新聞)

 会場となる赤磐市の桜ヶ丘いきいき交流センター・臨時駐車場

 イベント会場のある赤磐市南部にある通称「岡山ネオポリス」は1976年ごろから岡山市のベッドタウンとして開発された住宅団地。現在でも約1万7000人・6000世帯以上が暮らしている。会場は同団地の中心部にあるマックスバリュ桜ヶ丘店と桜ヶ丘中学校の間に位置する。

 3月に予定していた第1回が雨で中止となり、実質的には今回が初開催。「住宅街での暮らしをもっと豊かに」をテーマにResidentialの頭文字Rをとって名付けた。実行委員であり、同団地出身の田上超規(ゆきのり)さんは「住むための場所として生まれたベッドタウン。これからは暮らす・楽しむ場所にしたい」と話す。

 開催にあたって、イベント用のベンチやテーブル、お店の屋台組などをワークショップとして手作りした。飲食店12店、物販・ワークショップなど14店を予定。「ヒープ・バーガー・スタンド」(岡山市北区大和町1)のハンバーガー、ゲストハウス「KAMP」(岡山市北区奉還町3)のカレーを提供する2人の店主は同団地出身者。パン店「おやつママ」(桜ヶ丘西10)は4月7日に同団地内にオープン。「同団地出身の同世代の人、移住してきた人、団地内にあるお店・これからできるお店など、出店者にエピソードがある。立ち話も楽しんで欲しい」とも。

 同団地内にある丸山刺繍(桜ヶ丘西9)には西日本に1台だけとなったレース織り機があるという。希少な機械と職人技術を残したいと活動し始めた「音の絵」によるエプロン・ターバン・バッグ・ポーチなどを販売する。田上さんが勤務する輸入壁紙専門店「デコール岡山」(岡山市北区中山道1)はミニスツールリメイクワークショップを行う。

 田上さんは 「同エリアにはまだまだ暮らしを豊かするお店がたくさんある。定期的に開催して、マーケットのある暮らしを日常にしていく」と意欲を見せる。

 開催時間は10時〜15時。

関連記事

おすすめ情報

みんなの経済新聞ネットワークの他の記事もみる

中国/四国の主要なニュース

岡山 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域選択

記事検索