舞洲のグランピング施設にアトラクション新設 日本最長の「ローラージップ」など

舞洲のグランピング施設にアトラクション新設 日本最長の「ローラージップ」など

 大阪・舞洲のグランピング施設「グランキャンピングパームガーデン舞洲 byWBF」(大阪市此花区北港緑地2、TEL 06-6465-4690)に3月20日、アトラクションが新設された。(大阪ベイ経済新聞)

 新設した「ローラージップ」を楽しめるコーナー

 米国産のキャンピングトレーラー「エアストリーム」やトレーラーハウスでの宿泊体験のほか、バーベキューなどを楽しめる同施設は、2017年10月にオープン。今回、「ローラージップ」と「セグウェイ」を楽しめるコーナーを新設した。

 「ローラージップ」は、SEアミューズメント(神奈川県横浜市)が手掛けるアトラクション。ハーネスを付けてレールにつられ、高さ6メートル台から動力を使わずに、自由落下を楽しむもの。レールの長さは257メートルで日本最長。ジグザグになっていたり穴を通り抜けたりとスリルを楽しむことができる。平均時速は19キロで、所要時間は約1分。SEアミューズメント社長の武田潤さんは「アトラクションを楽しみながら、大阪港の景色を見られるよう工夫している」と話す。利用料金は1,200円(宿泊客は1,000円)、対象は小学生・20キロ以上。

 「セグウェイ」は、セグウェイジャパン(同)のものを6台用意。同施設内の約3万平方メートルの「太陽の広場」で、自由に滑走が可能。オフロードタイプのものを用意しているため、芝生や砂利道の自然の中を進む体験を楽しめる。利用料金は25分(講習時間含む)=3,000円(オープニングキャンペーン中は2,000円)、対象は高校生・45キロ以上。

 日帰りバーベキューも1種のみだったところを「スタンダードBBQコース」(1人2,500円)、「肉3種&シーフードBBQコース」(1人3,800円)、「グランドBBQコース」(1人4,300円)に増やした。

 WBFホテル&リゾーツ(北区)秘書室の山本愛さんは「今までのグランピングにアトラクションが加わり、さらなる非日常体験を楽しんでもらえたら」と話す。

 受付時間は「ローラージップ」=9時〜17時、「セグウェイ」=10時〜17時(いずれも12時〜13時30分は休憩)。


関連ニュースをもっと見る

関連記事

おすすめ情報

みんなの経済新聞ネットワークの他の記事もみる

関西の主要なニュース

大阪 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

地域選択

記事検索