ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(大阪市此花区桜島2)で9月24日、ウィズコロナ時代のプラスチック循環型社会の推進に向けたリサイクル啓発イベント「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン×コカ・コーラ リサイクル Study Togetherイベント」が開催された。(大阪ベイ経済新聞)

 【写真】環境保全に対する姿勢を話すJ.L.ボニエ社長

 「今の時代に適したPETボトルとの付き合い方」をテーマにした同イベント。新型コロナウイルスの感染拡大に伴う生活変化により、プラスチックの利便性が見直されつつある状況を受け、同パークのオフィシャル・コーポレート・マーケティング・パートナーである日本コカ・コーラ(渋谷区)、コカ・コーラ ボトラーズジャパン(港区)と共に実施した。同社社長のJ.L.ボニエさんは「これをきっかけにリサイクルの重要性を広く伝えていきたい」と話した。

 当日はパークファン約30人がリモートで参加。イベントでは、同パーク内で回収したコカ・コーラのペットボトルから作ったオリジナルデザインのエコバッグを主題に、そのリサイクル過程をセサミ・ストリートのキャラクターや、エンターテイナーが歌やダンスで表現したショーを披露し、リサイクルの重要性を伝えた。

 イベントに登場したエコバッグは、大阪市内の小学生へ配布予定(合計約2万枚を10月初旬より順次配布)。日本コカ・コーラのホルヘ社長は「このエコバッグには、約2本のペットボトルが使われている。ペットボトルは適切に回収さえされれば、ゴミではなく資源として有効にリサイクル・利活用することが可能」とリサイクルの可能性を力説。

 「おおさかプラスチックごみゼロ宣言」の下、環境問題に積極的に取り組む大阪市を代表して登壇した松井一郎市長は「子どもたちが環境問題に高い関心を持ち、取り組むきっかけになると大きく期待する」と話した。環境省プラごみゼロアンバサダーを務めるモデルのトラウデン直美さんはビデオメッセージで参加。「みんなで一つ一つ意識を変えて私たちの地球の未来を、そして救える命を守っていくためにみんなで頑張りましょう」と笑顔で呼び掛けた。