大阪ベイタワー(大阪市港区弁天1)や弁天ふ頭(弁天6)周辺で11月15日、社会実験イベント「海まち弁天ストリート〜GO TO SEA〜」が開催される。(大阪ベイ経済新聞)

 港区と港まちづくり協議会大阪が、2025年の大阪・関西万博に向け、大阪湾岸エリアの活性化を目的に行う、公民連携事業の一環。「海とまちをつなぐ」をテーマに、弁天ふ頭と舞洲を船で結ぶことで地域のにぎわいを生み出す「舟運社会実験」や、かつて弁天ふ頭から四国への旅客船が発着したことから、四国の名産品が味わえる物産展も行う。

 舟運社会実験の参加対象者は18歳以上の港区民で、11月2日〜8日、港まちづくり協議会大阪のホームページから事前申し込みが必要(応募多数の場合は抽選)。1便目は、弁天ふ頭と舞洲を結び、シェアサイクルを利用して、各エリアでのサイクリングを楽しむ。2便目は、弁天ふ頭から舞洲を周遊し、ジャズの生演奏を聞きながら、サンセットを眺め、天保山西岸へ到着する。

 このほか、弁天ふ頭では、港区広報大使の越野翔子さん、ジャズ演奏者の吉川裕之さん、筋原章博港区長が出演する音楽イベント(12時30分〜13時30分)、ピザやカレーを販売するキッチンカー出店、カツオのわら焼き、徳島ラーメンなどの四国グルメが味わえる「弁天マルシェ」(11時〜16時)を開催する。

 弁天ベイタワー2階アトリウムでは、四国4県の大阪事務所や大阪市漁協協同組合による「四国・瀬戸内物産展」を開催し、各県の特産品を販売する。弁天ベイタワーから弁天ふ頭までを結ぶ、オーク弁天商店会周辺エリアでは、スタンプラリーを開催。4カ所のポイントを回った人に景品を進呈する。

 港まちづくり協議会大阪の担当者は「イベントに参加して街を歩いたり、四国のおいしい料理を食べたりして、より街を知るきっかけになれば」と話す。