グランドハイアット東京(港区六本木6)のオールデーダイニング「フレンチキッチン」が3月16日から、期間限定で桜とイチゴをテーマにしたアフタヌーンティーを提供する。(六本木経済新聞)

 【写真】弁当箱に見立てたボックスに入れて提供する、計6種類のセイボリー

 スイーツと軽食を提供し、月替わりのテーマに合わせたビュッフェ付きアフタヌーンティーも楽しめる同店。今回は桜とイチゴをイメージしたスイーツビュッフェ「桜ストロベリー アフタヌーンティー ブッフェ」を企画した。世界の洋菓子大会で優勝または受賞したパティシエをこれまでに輩出したペストリーチームが監修する。

 期間中は、ストロベリータルトや、クリームチーズの中に桜ゼリーを入れた桜レアチーズケーキ、桜風味のスポンジに桜が香るホイップクリームを巻いた桜ロールケーキ、マスカルポーネのムースと桜シロップを染み込ませたスポンジに桜ゼリーを層にして仕上げる桜ティラミスなどを提供する。ビュッフェシリーズで人気という、ピンク色のルビーカカオから生成される「ルビーチョコレート」を使ったチョコレートファウンテンも用意する。

 カニとアボカドのタルトレットやアスパラガスと生ハムのキッシュなど、春の素材を使った計6種類のセイボリー(軽食)も用意するほか、シェフがその場でどら焼きを作るパフォーマンスも披露する。担当者は「黒糖を使ったどら焼きを温め、来場者の好みの配分で決めた餡(あん)とイチゴをサンドしどら焼きに仕上げる」と話す。「セイボリーは弁当箱に見立てたボックスに入れて提供する。ピクニック気分で楽しんでほしい」とも。

 提供時間は15時〜17時30分(90分制)。料金は3,800円(土曜・日曜・祝日は4,200円)。税・サービス料別。4月30日まで。