屋外で食事とハイボールが楽しめる企画「TOKYO TOWER 縁日テラスでハイボール」が現在、東京タワー(港区芝公園4)1階正面玄関前とフットタウン屋上広場で開催されている。主催は東京タワーとマザー牧場(千葉県)。(六本木経済新聞)

 【写真】フットタウン屋上広場で「オープンエア ジンギスカン BBQ エリア」のイメージ

 1階正面玄関前「屋台めしエリア」には、縁日をイメージさせる祭りちょうちんを飾った入退場ゲートと、高さ約4メートルの櫓(やぐら)、和太鼓、ウッドデッキのテラス席とベンチ席を設けた。「やっぱりブルドックソース 屋台のソース焼きそば」(600円)、ソース、青ネギマヨ、めんたいマヨの3種類の味から選べる「築地たこ焼き」(600円〜)、フライドポテトを含む4種類が盛り合わせになった「縁日コンボ」(1,200円)などのおつまみメニューと、ハイボールなどのアルコールメニューと共に提供する。3密を避けるため席数を減らしている。

 フットタウン屋上広場「オープンエア ジンギスカン BBQ エリア」には、マザー牧場の人気メニューであるジンギスカン120分間の食べ放題に飲み放題が付いたコースメニュー(予約制)を提供する。ラム肉のほか、牛肉、豚肉、野菜なども食べ放題メニューとして用意した。ドリンクは、「ジムビームハイボール」や「角ハイボール」、生ビール、ソフトドリンクなどをそろえる。

 マザー牧場フード事業課の中島一慶さんは「今回の縁日テラス企画では、場内の消毒を徹底するほか、従業員はマスクを着用して対応し、入店人数を制限するなど新型コロナウイルス感染防止対策を行う」と話す。「予約不要の屋台めしエリアでは、東京タワーを見上げながら祭り気分を満喫してほしい。予約限定があるBBQエリアでは、大都会で豪快に食べ飲み放題を楽しんでほしい」とも。

 「屋台めしエリア」の営業時間は16時〜21時30分(土曜・日曜・祝日は12時〜)。10月11日まで。「オープンエア ジンギスカン BBQ エリア」の営業時間は17時〜21時30分。料金は男性=5,000円、女性=4,500円、小学生=2,000円など。10月31日まで。いずれも荒天中止。