三軒茶屋に「富士屋本店グリルバー」 閉店から3年、ファンの声に応え営業再開

三軒茶屋に「富士屋本店グリルバー」 閉店から3年、ファンの声に応え営業再開

 ビストロ「富士屋本店グリルバー」(世田谷区太子堂4、TEL 03-6450-7322)が三軒茶屋にオープンして3カ月がたった。(三軒茶屋経済新聞)

 「牛レバーのムース」(300円)

 2013年、建物の老朽化に伴い、5年間の営業に幕を下ろした同店。店主の加藤賢一郎さんは、「閉店後、多くのお客さまから、再び三軒茶屋で営業してほしいという声を聞き、3年ぶりに営業再開した」と話す。

 加藤さんは、100年以上続く酒販店の4代目。大学在学中にアイルランド文学を学び、本場のアイリッシュパブに触れたことをきっかけに飲食店に興味を持ったという。その後、渋谷を中心に立ち飲み店などを経営してきた。

 ドリンクメニューは、酒販店直営の強みを生かして100種類のワインをリーズナブルにそろえる。料理は、料理長が毎日築地で仕入れる食材を使って仕上げる。メニューは、「サーロインステーキ」(1,500円)、「本日の鮮魚と花のカルパッチョ」(1,000円)、「牛レバーのムース」(300円)など。

 加藤さんは「三軒茶屋といったら富士屋本店と言われるように、三茶のランドマークになりたい」と意気込む。見込み月商は1,000万円。

  営業時間は17時〜23時30分(土曜・日曜は16時〜)。日曜定休(月曜が祝日の場合は営業)。


関連記事

おすすめ情報

みんなの経済新聞ネットワークの他の記事もみる

関東甲信越の主要なニュース

東京 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域選択

記事検索