女川のギター工房「グライドガレージ」が国産テレキャスター

女川のギター工房「グライドガレージ」が国産テレキャスター

 宮城県女川町で原料から作り手まで「国産」にこだわるギターを製作する「GLIDE(グライド)」(本社=仙台市)は7月下旬、オリジナル企画のギター、テレキャスターを発売した。(三陸経済新聞)

 ブラック

 昨年、著名デザイナーの奥山清行さんと共同開発した「SWOOD(ソード)」に引き続き、ギターボーカル向けにギターの開発を進める同社。使用頻度の高いことから、第1弾としてテレキャスターモデルから開発を始めたという。

 「(仙台の)店舗スタッフが顧客から得た情報を元にスペックを練り上げた」と同社の梶屋陽介社長。「指板と呼ばれるパーツに、ケボニー加工という特殊加工した木材と、ロックライトというこちらも特殊な素材を使っている。耐久性が上がることと、独自な音質を生む狙いがある」と説明する。

 カラーはブラック、ブラウン、ブルーの3色。価格は28万4,900円。製造は女川町のグライドガレージで、同社仙台店(仙台市青葉区)で販売する。

関連記事

おすすめ情報

みんなの経済新聞ネットワークの他の記事もみる

北海道/東北の主要なニュース

岩手のニュースランキング

ランキングの続きを見る

地域の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域のニュースを見る

地域を選択してください

戻る都道府県を選択してください

記事検索