毎年秋に開催される「せんば鎮守の杜芸術祭」が4月20日、本年度の開催中止を決定した。(船場経済新聞)

 【写真】昨年の様子

 同イベントは2005(平成17)年にスタート。大阪・本町の「坐摩(いかすり)神社」境内で開催される催し物で、主催はせんば鎮守の杜芸術祭実行委員会。 同委員会は地元出身者が中心となったボランティア団体で、「大阪の中心部『船場』から新しい文化・芸術を発信したい」という思いで始めたという。

 開催日は毎年10月の1週目か2週目の土曜。イベントでは、昼の部はコーラスなどの音楽祭、夜の部はオペラを上演。演奏は氏神様である坐摩神社に奉納する。夜の上演はかがり火の中行われ、船場エリアの秋の風物詩として知られる。