和風肉居酒屋「鉄板酒場 みーとっと」( 大阪市西区京町堀1、 TEL 06-6467-8804)が7月3日、大阪・肥後橋にオープンした。(船場経済新聞)

 【写真】肉・うに・つやつやイクラの「うにく土鍋めし」

 経営は海鮮居酒屋などを手掛ける「磯一フードサービス」(吹田市)。肉をメインにした業態は同社初という。店舗面積は約13坪、席数は20席。

 店長の大槻泰廣さんは飲食業界で約25年の経験があり、すしや和食、ステーキ店などで勤務してきたという。店で出す肉はA5かA4ランクの和牛が中心で、看板料理はウニと肉料理を組み合わせた4種類の「四大うにく料理」。つけダレにウニを溶かし込んだ「うにくしゃぶしゃぶ」(1,980円)、ウニと肉のすしやユッケ、うにくの刺し身を盛り合わせた「うにく食べ比べ」(2,480円)などを用意する。肉は牛・豚・鶏だけでなく馬肉や鴨肉の料理もそろえる。

 ランチは数量限定の「本日の和牛ステーキ定食」(1,800円)や「自家製和風極みハンバーグ定食」(980円)、「牛すじ和風カレー定食」(880円)など7種類を用意する。

 「平日は周辺の会社員、週末は近隣の家族連れのお客さまが多い」という同店。大槻さんは「料理は通常の居酒屋メニューからオリジナルまで幅広い。いろんなお客さまに来ていただいて楽しんでもらえたら」と期待を寄せる。

 営業時間は11時30分〜14時30分、17時〜24時。