宮城県の新型コロナウイルス感染拡大による休業要請の解除を受け、仙台市中心部の商業施設が時間短縮での営業を再開する。(仙台経済新聞)

 エスパル仙台(仙台市青葉区中央1)は4月18日から一部店舗を除き休業を続けてきた。感染防止対策および混雑時の対応を徹底し、5月11日から本館・東館・エスパルIIとも短縮営業での営業再開に踏み切る。営業時間は11時〜19時。

 同日から、藤崎本館・大町館・一番町館・ファーストタワー館は平日のみ10時〜18時30分(食品フロアは土曜・日曜も10時〜17時営業)、仙台フォーラスとイービーンズは11時〜19時に営業時間を短縮して再開。仙台パルコ本館・仙台パルコ2は14日から11時〜19時(レストラン店舗は20時まで)で営業再開する。

 仙台三越は5月7日、緊急事態宣言の延長を踏まえ、来店客や従業員の健康と安全確保、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から臨時休業の延長を決定。本館および定禅寺通り館の地下1階食品フロアのみ10時30分〜18時30分(日曜を除く)で営業を行う。

 いずれも店舗によって一部異なり、今後の状況により臨時休業や営業時間変更の場合あり。