KHB東日本放送(仙台市青葉区)が主催する「KHBフリーマーケット」が10月31日・11月1日、仙台・あすと長町の「杜(もり)の広場公園」(太白区あすと長町1)で8年ぶりに開催される。(仙台経済新聞)

 【写真】B級グルメの出店もありにぎわいを見せた過去の開催

 KHBフリーマーケットは、リサイクル運動の促進や県民の交流、文化活動の場の提供などを目的に1985(昭和60)年、開局10周年を記念して始まった。例年2日間で約4万〜6万人が来場する人気イベントとなり、2012(平成24)年まで継続した。

 開局45周年記念として今回、8年ぶりに開催。「仙台市屋外モデルイベント開催支援事業」として、新型コロナウイルス感染防止策に万全を期して行う。出店は県内在住者に限定した。

 両日171店が出店するフリーマーケットエリアのほか、市内飲食店がフードやドリンク、スイーツ、ハンドメード作家が雑貨を販売するマルシェエリアも設ける。今年4月に40年の歴史に幕を閉じたラーメン店「味よし 国分町本店」の限定出店や、「仙台89ERS男子チア はっくるず」によるパフォーマンス、アイドルグループ「ラストアイドル」の阿部菜々実さんによるトークショー(50人限定、抽選観覧)もある。

 同局のイベント担当者は「新型コロナウイルスの影響で県内でもイベントの中止が続いているが、少しでも日常を取り戻すべく開催を決めた。『マスク越しでも笑顔を』を合言葉に、県民の皆さまに安心して楽しんでいただける場を提供したい」と話す。

 開催時間は9時〜15時。入場無料。感染症予防対策として検温、マスク着用、手指消毒を求め、接触確認アプリへの登録、ソーシャルディスタンス確保を呼び掛ける。状況により入場制限を行う。