表参道に「回転」スイーツ食べ放題店 エイブルが新業態

表参道に「回転」スイーツ食べ放題店 エイブルが新業態

 表参道・隠田エリアに7月16日、食べ放題「回転」スイーツ店「MAISON ABLE Cafe Ron Ron」(渋谷区神宮前6)がオープンする。経営はエイブル(港区)。(シブヤ経済新聞)

 皿に載ったスイーツがレーンを回る

 衣・食・住で一人暮らしの女性を応援するプロジェクト「MAISO ABLE」を2016年から展開している同社。昨今若者などに注目を集めている「食べ放題」を、回転ずしのように提供する「回転スイーツ」で提案する。店名の「Ron Ron」は、フランス後で「猫が満足した時に喉を鳴らす音」を意味しているという。同店は同社初のカフェ業態で、海外の飲食店を多数国内展開しているトランジットジェネラルオフィス(港区南青山3)が企画・運営を手掛ける。

 場所は、女性専用不動産賃貸仲介店舗「MAISON ABLE」内で、ファッションレンタルショップ「airCloset」と隣接する。店舗面積は92平方メートル。席数は44席を用意。店内は仏カフェをイメージし、ピンクを基調に仕上げる。カウンターには全長38メートルのレーンを設置し、その上をスイーツが載った皿が流れる。

 提供するのは、マカロンコットンキャンディーやクレープ、パンケーキ、アイスなどに加え、店名にちなんだ猫をモチーフにしたスイーツなど約25種類。卵サンドやミニバーガーなどのフード、ドリンクも用意する。利用料は40分制1,944円(ドリンク込み)。

 営業時間は11時〜20時。


関連記事

おすすめ情報

みんなの経済新聞ネットワークの他の記事もみる

関東甲信越の主要なニュース

東京 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域選択

記事検索