渋谷駅東口ダンジョン 新アーバン・コア供用開始で縦移動の不便解消

渋谷駅東口ダンジョン 新アーバン・コア供用開始で縦移動の不便解消

 JR・東急電鉄・東京メトロ各線の改札口が地上3階〜地下3階にあり乗り換えが大変だった渋谷駅の東口で1月20日、立体的歩行者動線「アーバン・コア」の供用が始まり、縦移動の不便が大幅に解消された。(シブヤ経済新聞)

 アーバン・コア1階と2階を結ぶエスカレーター

 渋谷駅東口では、渋谷駅周辺再開発の一環で地上47階・地下7階、高さ230メートルの超高層ビル「渋谷スクランブルスクエア東棟」の建設工事が今秋の開業を目指して進められている。同ビルの低層部と地下部分の一部を使って縦方向の動線を集約するともに、渋谷駅と渋谷ヒカリエ方面を東西に結ぶ横方向の移動を円滑にする役割を新たなアーバン・コアが担う。

 地下3階の東急東横線・東京メトロ副都心線渋谷駅「ヒカリエ改札」と1階(=14番出口)を結ぶエスカレーターも同日、仮設エスカレーターからアーバン・コアに移動。JR渋谷駅「南改札」への乗り換えが、より便利になった。

 迂回(うかい)などが多かった仮設通路と前日までつながっていた、渋谷ヒカリエ2階に通じる歩道橋もこの日、アーバン・コアと直結。渋谷ヒカリエ側から通路を歩いてきた歩行者は、アーバン・コアで1階または3階に向かうエスカレーターで上下移動し、JR線・東京メトロ銀座線に乗り換える。3階では、頭上に開放的なガラス張りの吹き抜け空間が広がり、今秋開業予定の商業施設に沿って緩やかにカーブを描く空間を通ってJR線、銀座線に向かう。

 アーバン・コアには地下2階〜地上3階を結ぶエレベーターも備え、バリアフリーにも対応する。

 すり鉢状の「底」にある渋谷駅周辺の再開発では、駅と街、地上と地下を簡便に結び付け回遊性を生む上下移動の拠点となる「アーバン・コア」が複数箇所で計画され、「渋谷ヒカリエ」「渋谷ストリーム」ですでに整備されている。


関連ニュースをもっと見る

関連記事

おすすめ情報

みんなの経済新聞ネットワークの他の記事もみる

関東甲信越の主要なニュース

東京 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域選択

記事検索