日本酒の酒蔵の応援を図るオンライン日本酒市が5月12日から、クラウドファンディングサイト「Makuake(マクアケ)」で開催される。(シブヤ経済新聞)

 日本酒専門ウェブメディア「SAKETIMES(サケタイムズ)」を運営するClear(渋谷区渋谷2)と、マクアケ(渋谷2)が共同で行う同企画。新型コロナウイルス感染拡大に伴い、花見や宴会の自粛、飲食店の休業、イベントの中止などで売り上げが減少している酒蔵・酒販店の支援を図るとともに、需要が高まっている家飲みを「もっと楽しんでもらう」ため企画。

 期間中、マクアケのサイト上に特設ページを用意し、参加する酒蔵・酒販店が実施するプロジェクトをまとめて掲載し、支援を募る。サケタイムズは酒蔵や商品の紹介などPRでサポートするという。

 山形「楯の川酒造」「奥羽自慢」、新潟「武蔵野酒造」など国内各地の十数以上の酒蔵のプロジェクトの掲載を予定するほか、5月29日まで参加を希望する酒蔵・酒販店も募集し、随時掲載していく。

 先駆けて同11日(19時30分〜)は、日本酒業界の現状について酒蔵の人たちと話すオンラインイベントも予定する。

 開始は12日11時(予定)。