京都発きな粉スイーツ専門店「吉祥菓寮(きっしょうかりょう)」が8月4日、る渋谷「MIYASHITA PARK(ミヤシタパーク)」内の新商業施設「RAYARD(レイヤード)MIYASHITA PARK」(渋谷区神宮前6)South2階にオープンする。経営は麦の穂(大阪市)。(シブヤ経済新聞)

 【写真】コーヒー風味のゼリーやバニラアイスなどを重ねる限定メニューの「黒千石のきなミスパフェ」

 大豆菓子専門店「桂華堂」の16代目でもある北川聡さんが、2015(平成27)年に京都・祇園に1号店をオープンした同ブランド。自家焙煎(ばいせん)するきな粉を使ったスイーツを中心に提供している。

 5店舗目となる「渋谷MIYASHITA PARK店」は29席(うちカウンター9席)を用意する。「看板メニュー」である国産大豆を自家焙煎したきな粉やメレンゲ、豆乳ブラマンジェなどを重ねた「焦がしきな粉パフェ」(1,200円)をはじめ、南九州産本わらび粉100%で、水、砂糖、和三盆を炊いて練り上げる「本わらび餅」(1,000円)、きな粉とバナナのスムージー(700円)などを提供。北海道産黒千石大豆を使うほかコーヒー風味のゼリーやシロップ、バニラアイスなどを重ねる「黒千石のきなミスパフェ」(1,300円、価格は全て税別)を同店限定メニューとして用意する。

 営業時間は11時〜21時。